昨日は娘と親子でヨガへ
たったの一時間だったけど体にたまったものが流れる感覚。
娘を抱っこしてやるポーズもあったけどどの子よりも重い娘。軽い筋トレになりました。
他のお母さん達とのお話も楽しかった。
苦手苦手と思っていたけど同じくらいの子供を持つお母さん達とは名前や、年齢や、その他諸々面倒なあれこれを話さなくても子供の事を話せるので意外と楽。
どこに行っても自分の事を話すのが苦手。
娘はヨガの最中何故かずっと真顔でした。
他の子達はお母さんと触れ合いながら笑っていたのに。珍しく緊張していたのかしら。
終始、なめられ太郎という謎のおもちゃで遊んでいました。

近頃お家でそれぞれに時間を過ごすことがある。娘は洋服のタグに夢中で、ずっと集中して触っているので私は私で珈琲片手に雑誌を読んだりしています。たまに目が合って微笑み合ってまたそれぞれ好きな事したり。なんだか心地よい。そのうちに眠ってしまう娘。
大きくなったなぁと思います。私がそばにいる時は安心を感じてくれているのがわかります。とても落ち着いているから。これからも沢山の事を経験して成長する娘に私ができることは安心をあげることくらいなのかもしれないな。
安心して沢山経験しておいで、そして沢山失敗しておいで。いつでも味方でいるからね。
Img_79d38c052579c46ce78bd5fb3c14e9ca
こちらは本家の肉団子
Img_a8b30c7421f86c622ff76aabe983dc6a
ごま、きなこ、つぶあん、のおはぎ
小さな頃からお盆とお正月は父の実家に家族でお邪魔して皆んなで美味しいものを食べてワイワイ過ごしていました。
食卓にはおばあちゃんがら伝わる秘伝?のレシピで作られたご馳走がずらり。(今はおばさんが受け継ぐ)しかも熱々が順々に出てくる。
パンを小さく切ってチーズとベーコンで巻いた前菜があり、肉団子の甘酢、イカのカレーフライ、エビフライ、ミソカツ、八宝菜が基本メニューで、その時々で五平餅があったりおはぎがあったり。
中でも肉団子は家族皆お気に入り。
そのおばあちゃん直伝のレシピを先日のお盆の際初めて見せて貰えました。
いつ人が来てもいいようにたくさん作って冷凍ストック出来るのもありがたい。
早速ひき肉1キロを買って来て仕込み中。
食べるのは今晩。あの味が再現できるかたのしみ。おばあちゃんからおばさんに伝わって私達が小さい頃からずっと食べていた味。
私も主人や娘に振る舞いたい。娘に伝えたい味は沢山あるけどこれもその一つ。まずは私がマスターしなければ!

そして皆で食卓を囲む際におはぎが並ぶのも私の憧れ。レシピは違うけれど挑戦してみました。初めてにしては美味しくできたので人が集まる時は定番にしようかな。