Img_c9fcc66ce2e0f57b0297751c7cc4c7cd
畑の木から切りたての夏みかん
おばあちゃんのお家にはじめて娘を連れて行きました。おばあちゃんは会うやいなや早速娘を抱っこしてくれました。娘は相変わらずにこにこしていて皆を喜ばせてくれました。
その後お茶を頂きワイワイとお話し。
おばあちゃんは私のプレゼントしたiPad でこのブログを見てくれているみたい。楽しく拝見してますと言ってくれた。気どりのない文章が良いと褒めてくれました。俳句を詠むおばあちゃんにそう言ってもらえてとても嬉しかった。
このブログは今や日記と化しているので読んでくれている人に直接感想を頂くのは恥ずかしい気持ち。でも本当はすごくすごく嬉しいです。
このブログの読者は家族や親類、昔からの友人や昔からのお客様、心通う仕事仲間など関係の深い人達が多い。ここを読みながら私を見守ってくれているような気がしています。

おばあちゃんとおばさんが先日の新玉のスープをとても褒めてくれた。レシピというレシピではないけれどお伝えしました。また私が作ったお料理を食べに遊びに来てください。
頂いた切りたての夏みかん味が濃くてとても美味しかった。皮はジャムにして余すところなく頂こうと思っています。
Img_28b45308db437ae03337d25a8586a51a
今井麗さんの個展へ
先日京都に行って来ました。恵文社でやっている今井麗さんの個展が目的。
今井さんの絵はいつか手元に一つ欲しいねと主人と話していました。
食べ物に纏わる作品を台所に飾りたいと思っていたら今回の展示はINTHEKITCHENとの事。
楽しみに出向きましたが残念ながら私達が気に入った作品はもう売約済みでした。
ですが今井さんの作品をゆっくり観ることができてよかったです。
またの機会に良い出会いがあるといいな。
付き合ってくれた娘には関美穂子さんの素敵なスタイを買ってあげました。東欧風あかちゃんの出来上がり。
Img_a954e06a06d10eccbe4b44788ba3e79b
イノダコーヒーのビーフカツサンド
Img_45d053b98a6ce0222ae96a4aa2981b19
フルーツサンドにミックスジュース
京都に来たのでイノダコーヒー本店。
やはりきちんとしたクラシックな喫茶店が好き。少しの緊張感と心地よさ。
食べ物は全て美味しい。
東のウエスト西のイノダ。この感じは名古屋にはないなぁ。
Img_d83ad0740a4bfc11f5a99d4f5ff7a0e0
イノダコーヒーのふきん
Img_afc234efd1e25680eacf37ba1a0d7146
包装紙の中は鳩居堂のおけいこバック
Img_e29cd206a9914530dfc52475d4d2d1c2
主人のコーヒーコーナー。買って来た開化堂のブリキ缶、もう馴染んでいる
そしてもう一つの目的は娘の3ヶ月お祝いに京都鳩居堂のおけいこバックをプレゼントする事。
しかしなかなか使うのは先になるのでまずは母が使います。母は念願のお習字教室に通うので。字の下手なお母さんじゃ恥ずかしいからしっかり頑張ります。
帰りに開化堂に寄りました。毎日使っている開化堂の銅のコーヒー缶。最近はコーヒー豆を二種類常備しているので新しくブリキのコーヒー缶を買いました。我が家の生活に必要不可欠なもの。
これでコーヒー時間がより楽しみになりました。いつも通り観光は皆無でしたが、娘も一緒の楽しい楽しい京都日帰り旅行でした。
Img_c51090447ed7e709832304e5a027bc75
塩豚のロースト
Img_4e12ea25f30d3359fdaed61ab23c80ab
新玉ねぎのスープ
Img_8644e8ac972190adefa8acf49b828d1f
二人に抱っこしてもらったね
madoの10周年イベントで美味しいものを日々いただいているのでわたしも創作意欲が湧いて挑戦してみたかった塩豚を先週仕込みました。熟成5日目。ローストポークにしました。
ニンニクとローズマリーの香りのみ、その他の味付けはなにも無く塩豚自体の旨味がすごい!時間はかかるけど寝かせたり、オーブンに入れっぱなしたりだから割と子育て中に良い献立かもしれない。後はお義母さんにもらった新玉ねぎで丸ごとスープ。こちらは塩豚の脂身をお出汁に使いました。とろとろ甘くて最高でした。
お料理は楽しい。

昨日madoでhoshizumiさんのパスタを食べました。すごく美味しかった。
hoshizumiの克さんとちぃさんにいっぱい抱っこしてもらった娘。克さんの髭ばかりみていたね。そんな娘も今日で3ヶ月。色んな事が出来るようになりました。早く一緒に美味しいもの食べたいね。
Img_12aa31f47302cf0060259a4d22122f35
madoと円居の美味しい10周年
先日madocafeさんの10周年イベントに来ていた円居のまなちゃんに会いに行って来ました。
仕事の事や家族のことなどさらっとしか話さないけどいつも心に残るというか、参考になるというか、私の中で信頼と尊敬をしている人。
私は気が小さいので心のバランスが崩れると全てが狂ってしまうため慎重に慎重に仕事をしていました。保守的な感じ。それは自分に合っているから良しとしていますが、まなちゃんは守るものと挑戦する気持ちをとても丁寧に真っ直ぐに持っているなぁと思い、憧れます。
だから私より幾分も強く、かっこいいです。体は華奢で笑顔はチャーミング!素敵な人。
まなちゃんは母としても先輩なので子供の話も色々しました。
鼻が詰まっただけで救急に連れて行った話が同じだったり、子供が可愛すぎてやばい!と素直にいっちゃったり、愛しくて胸が張り裂けそうな気持ちの話をしたりしました。
まなちゃんも最初は心配ばかりしていたと言っていた。
もうすぐ娘も3ヶ月になるけれど最初の1ヶ月は心配事が多くていつもヒヤヒヤしていました。
チャイルドシートに乗せるだけでもはらはらしたり。お風呂の温度や部屋の温度に神経質になったり。
愛しいと同じくらい心配で心が忙しかった。今も新しいことを娘とするときや初めて予防接種なんかはその都度色々心配でそわそわしていました。けれど一つづつ経験すれば次は何てことなくやり過ごせる。今は鼻が詰まってもあの時覚えたオイルマッサージですぐに対応出来るしチャイルドシートなんて毎日の事で無意識にやっている。子育てをしてみて、経験するという事は何よりも大事だと改めて思う。
これから娘自身も初めてと毎回向かい合う事になる。私も初めてで色々あたふたしてしまうだろけどなるべく娘の心に寄り添いたい。その為に頼りになる友人や家族の話はとてもありがたい。素直に人に頼りながらだんだんと強くたくましいお母さんになれたらいいな。まなちゃんみたいに。
4月1日は私のおばあちゃんの誕生日でした。
90歳?になったはず。腰は少しも曲がっておらずとても上品で若々しいおばあちゃん。なにより言葉遣い、言葉選びが昔からとても美しい。
花森安治時代の暮しの手帖を一号から綺麗にとってあるような人。松浦弥太郎さんの著書にクッキー缶を掲載していただいた時は暮しの手帖の当時編集長だったのでおばあちゃんにもとても喜んでもらえました。

90歳とは思えないおばあちゃんだけれど若い頃に突発性難聴を患ったことから片方の耳が聞こえない。それが一昨年聞こえていた方の耳もとうとうほとんど聞こえなくなってしまいました。その時ばかりは気丈なおばあちゃんもとても落ち込んでいた。もし、突然音のない日々を過ごさなければならなくなったとしたらとても怖い、寂しい。そしてなにより聞こえない事でコミニュケーションをとることが困難になればそれこそ孤独になってしまう。 私はそれが最も辛いと思いました。おばあちゃんの様子を側でみようにも毎日行くわけにはいかないし。
聞こえなくても、会えなくてもコミニュケーションを取れる方法はないかしら?と考えました。そしてすぐさまメールだ!と思いつきました。おばあちゃんからは到底遠い存在のiPad をすぐに贈くる事にしました。私のその提案に当初父はおばあちゃんがメールをマスターするだろうか、、と心配だった様子。でもやるしかないと思い、まずiPad 初心者の父にメールの使い方を教え、今度は父が私に教わった通りおばあちゃんに教えるという作戦。結果は大成功。本人のやる気もあり、めきめき上達してくれました。覚える事に一生懸命になればその間だけでも耳の聞こえない辛さは忘れられたりしないかなぁと私なりの願いもありました。

当初私はメールや写真をこちらから一方的に送るだけでも本当はいいと思っていました。 孫やひ孫の写真なんかを皆んな気が向いた時に送り、それを眺めるだけでもおばあちゃんも孤独じゃないかなと思っていました。
でも今じゃ絵文字も使いこなすスーパー90歳です。そして相変わらず美しい言葉選び。おばあちゃんからのメールはとても上品で素敵です。

先日おばあちゃんに誕生日のお祝いメールをしました。他にも皆からおばあちゃんiPad へお祝いメールが来たみたいでとても喜んでいました。
産まれた時からずっと私の大切なおばあちゃんだったけど一緒に住んでいないから少し距離のある存在だった。けれど今メールで繋がる事により、今までで一番身近におばあちゃんを感じる事が出来ている。それが私にとっても凄く嬉しい。
出来ればずっと元気でいて欲しい。心も体も。
おばあちゃん改めてお誕生日おめでとう。

また、メールしますね。