先週の日曜日私は頼まれ物のお仕事があり、主人に娘と1日過ごしてもらいました。
出かけるのが大好きな主人が家から出ずに慎重に娘と向かい合っていた。ありがとうございます。
自宅と私の仕事場は別なのでやはり娘を連れて行って仕事をするのは限界があります。平日はおんぶで作業してましたが、日曜日は仕事がお休みの主人にお願いしました。

我が家は家事や育児の分担というか、それぞれ得意不得意補い制度を採用しています。
なのでお互い自ずと役割が決まるので娘が産まれてもあまりかわらずやれる方がやれる事をという感じで回っています。
ただ最近よくないのが夜ご飯の片付けからお風呂までの時間、、皆1日の疲れが出てぐずぐずしてきます。そんな時色々バランスが崩れちょっとイライラしてしまったり。主に私が。
そんな時はだいたい相手のしてくれている事は忘れて自分ばっかり、、なんて思ってしまいます。

日曜日娘をみてもらい仕事を終えクタクタになって帰った時主人の気持ちが凄くよくわかりました。
仕事をする事の大変さを思い出しました。
そして主人も日頃の私達の生活を良くわかったみたいでした。
どっちが大変とか、どっちのがやっているとかそんな考えは本当ナンセンス。
たまには立場を変えて頭を切り替えるのは大事だなと思いました。
娘をお風呂に入れるのが怖かった主人が一人で入れてみようとしてくれたり。(お互い慣れない為娘号泣、あせって手が滑って風呂の水飲ます、、)
私は夜のぐずぐずタイムを作らないよう片付けやお風呂の支度を早め早めに段取り心がけてみたり。(たいして前と代わり映えなし、、)
うまくいかないこともあるけど気持ちよく過ごせるために努力してくれる姿は嬉しい。優しい気持ちになります。
家族だけれど他人だしそれぞれの立場を大切に助けあって楽しく毎日過ごしたいものです。

Img_575d12ef642f06195082d561cd5a3ed9
福田さんの包装紙、凄く可愛い!
9月に安西水丸、吉田璋也を巡る旅と称して鳥取へ行った時、木工の福田さんに吉田璋也のデザインしたスタンドライトや運び盆、他にもマッチケースなど色々と見せていただきました。福田さんご夫婦はとても優しくって娘にも凄く良くしてくれました。
写真でしか見たことの無いライトや運び盆を実際にみて圧倒されてしまいただただ眺めていました。私達が引越しをして、実際に生活に必要だと思った時に注文をくれたらいいよ、と言ってくださりせっかくだからと買おうか迷っていた運び盆やライトも一度ゆっくり目に焼き付けて帰る事にしました。いずれにしても作るのに時間がかかるからゆっくりと考えて下さいとの事。
帰ってすぐに奥様よりお手紙をいただきました。達筆で丁寧な便りに胸があつくなって主人と二人で感動していました。
お手紙には木工の性質上お二人が気を遣っている事、私達家族の印象や安西水丸さんとの思い出などが書かれていました。優しくて丁寧な便りにまた福田さんご夫婦会いたくなりました。

引っ越しが忙しくすぐに返事を書けずにいましたが、
生活も落ち着いた11月頭、やっとお返事が書けました。生活していてやはり必要だと感じた運び盆の注文もしました。
奥様からお電話で運び盆についての取り扱いの
説明など丁寧にしていただきました。
そして手元に届いた運び盆。毎日晩御飯の際に使っています。福田さんの作っているそれに、愛情もひとしお。
福田さんは高齢で作れる時間はもう限りがあるそうです。御本人に会えて直接沢山のやり取りを経て福田さんの木工品を手にする事が出来た事を何より嬉しく思います。
福田さんが作れなくなってしまっても私達はずっと福田さんの木工品を使い続けて行きたいです。それが私達の責任、と思わせる様な尊い物との出会いでした。
Img_4b8c06edc0ea85ac98e81cdccecdf92b
この日の献立はグラタン、ローストポテト、えびかつ、
今日は夜中に娘の寝相が悪すぎて起きてしまいました。私の頭の上に居て、かかと落としをくらい痛くて起きました。そのせいで眠れなくなり朝寝坊。お弁当を作れなくてごめんなさい。
全力で娘のせいにする悪い母をお許し下さい。
家事にムラがあるのでそれを直したい。
お料理もやり過ぎて疲れたりすることもあって良くない。あんなに好きなお料理もやる気が全くない日には主人に適当に買って来てと頼む事もあります。
料理が好きだから勝手に情熱的になり過ぎて疲れてしまっては元も子もないので平均を保てる様に淡々と家庭料理を作る事が目標。
これ、仕事の時も言っていた。情熱的になって自分で自分を疲れさせてしまうからある意味無、で仕事がしたいと。
無というか平常心ですね。それを一定に保つのって凄く難しい。いつもそれを目標にしている気がする。

お友達の鈴木ちゃんとながっちゃんがお子様連れで遊びに来てくれました。
鈴木ちゃんの息子さんとは4日違い!の同級生なので毎月会っています。
今日は母三人でお昼ご飯を楽しく食べている間、子供達がそれぞれ好きな事をやっていて凄く面白かった。鈴木ちゃんとこの離乳食を食べさせてもらいました。初めての納豆だったのですが凄く美味しそうに食べていてびっくり!
主人の唯一食べられないもの納豆。においが苦手との事で我が家には持ち込み禁止でした。が、娘が食べるならと納豆解禁となりした。
最近はあまりごはんを食べなかった娘が影響されて沢山食べてました。
大人も子供も皆んなで食べるのは楽しいし美味しいんだね。
お家のことでお世話になったあけみさんが娘さんを連れて遊びにきてくれました。
住み始めたお家を見てもらえてよかった。
あけみさんの娘さんと私の娘は同級生。
4ヶ月先輩のMちゃんはもう歩いていて少し人見知りをしたりしてとても可愛かった。
娘も年が明けた頃にはあんな風に歩き出したりするのだろうか。

娘が産まれてからはじめて母に娘を預けスーパーに買い物に行きました。身軽すぎてびっくりしました。なにか忘れ物をしたようななんだかそわそわする感じ。買い物の際は抱っこ紐で胸にいつもひっついてる娘。それがないだけでこんな手持ち無沙汰になるなんて。
ただ、買い物は本当に楽。スーパーをあっと言う間に二、三軒はしごしてしました。いつもはチャイルドシートの乗り降りや荷物のことを考えて二軒が精一杯。三軒いけるなんて夢みたい。
ただ、娘を連れていないと誰も私に話しかけてこないし、レジでお会計の済んだカゴを運んでくれたりしない、、当たり前だけど見ず知らずの私に優しくしてくれていたのは娘がいたからなんだと少し寂しくなってしまいました。
妊娠してお腹が大きくなったあたりから、子供を産んだ今まで無意識にそんな優しさに助けられてきたんだなぁと思いました。
世間は子供に優しいばかりではないという話も聞きますが、私は結構優しくしてもらっている事が多い。娘と電車に乗っていても暫くすると何処からともなく娘を笑わせようとしてくれる方が現れて助けられます。若い学生さんが席を譲ってくれたり、娘がじっと見ている方に視線をやると渾身の変顔を披露してくれるおじさんがいたり。そこでかわす何気ない会話も嬉しいです。みんな凄く優しい。
私は今までそんな風に子連れの方や妊婦さんに気を遣えただろうか、、
子連れの方や妊婦さんに限らず見ず知らずの誰か、助けがいる誰か、
知らない人に優しくしてもらった分、私もそんな風に優しく親切にできたらいいなと思いました。
Img_dbd4fa924bd28996eb7a4120366de094
ドリア用の耐熱皿は鳥取の民芸品。これが使いたくてドリアを作っているようなもの。
Img_08c79fdc5449dcb8c100b66880353e62
カチョカバロ。冷蔵庫にプラーンと吊るす姿も可愛いです。
昨夜は家事が途中のまま娘を寝かしつけ、一緒に寝てしまった。
夕食にはミートドリアを作りました。先日作ったばかりだけれど気に入らず再チャレンジ。
主人はベシャメルソースがあまり好きではないというかクリーミーなものが好きではない。のでミートソースとチーズだけで作ったのだけれどやっぱりだめ。今回はベシャメル入りでつくりました。主人が許せる範囲のクリーミー感で、、、
コクがでて美味しかったー。料理はやっぱりバランスだな、、
そして朝一で美味しいモッツァレラチーズを買いに行ったのですが、その甲斐もあり。
余分な加工がしていないものはやっぱり美味しいなぁ。幸せだ。

先日、金子さんに手土産でいただいたカチョカバロ。毎朝トーストにしていただいているのだけれど本当に美味しくて無くなるのが惜しい、、こちらも今朝モッツァレラと一緒に買いました。美味しい物が大好きなのでこういった物いただくと凄く関心してしまう。センスがいいなぁ。ふくなりさんにいただいた岡崎マルヘイ商店のさつま揚げも然り。

Img_0bc783d77fc3b964bd9c3c1fde123c75
毎朝食べてるカチョカバロのトースト