Img_ffc7beb0c7290002bf2d3ab535f448be
お雛様
Img_dc800658c1431ac1a6f7dc3ae75c56e2
奈良ホテル
Img_e63ac37dd99985f0a65b3e5dadd3d901
明日はバレンタイン
バレンタイン用にグラノーラを作ろうと思います。沢山できそうなら少し納品したいなと思うけどどーかな。
家族にプレゼントする分は娘に仕上げのチョコレート投入作業やまぜまぜ作業をやって貰おうかな。

先日奈良へ雛人形を受け取りに行ってきました。伝統工芸品の奈良一刀彫りのお雛様。
皇室の献上品なども製作された荒木義人さんの作品にしました。一刀彫りのお雛様を沢山見ましたが色使いや表情、絵柄の美しさなどが荒木さんのものが一番気に入ったのでお願いしました。
中々手に入りづらく一年越しになってしまいました。初節句に間に合わなくてごめんね。
お嫁に行く時持って行ってくれてもいいし、我が家でずっと季節の設えとして飾っても良い。
毎年桃の節句が楽しみです。
奈良の帰り道娘の好きな番組 やまと尼寺精進日記 に出てくるお寺に寄ろうかと思いましたがまだ山の方は道が凍結していたりで恐ろしく断念しました。
また暖かい季節に行ってみよう。住職やじとうさん、まっちゃんに会えるといいね。
奈良ホテルにも今度は宿泊したいな。
週末、市民駅伝大会に主人が会社の人達と出場したので応援にいきました。
5人1チーム。みんなそれぞれに自主練したりたまに夜集まってみなで走ったりしていました。
事務員さん達もみんな応援に来ていました。
娘くらいの小さな子がいる方ばかりだったので沢山子供の話などしてくれて楽しかったです。
皆さん感じのいい方ばかりでした。
鉄板焼きのラクダさんチームも出ていて主人のチームと対決みたいな感じになっていて面白かったです。
正直寒いし、娘もまだよくわかんないだろうし朝早いし、、、天気わるかったら絶対に行かない!!とか思っていましたが行ってよかったです。
普段主人がどんな人達に囲まれて仕事をしているのか知る機会もないのでこういうのは少し緊張もしますがなんか嬉しいなと思いました。
みんなで走って仕事とは違う達成感みたいな感じでしょうか、見ているこっちも爽やかな気持ちでした。ほぼアラフォーの中年?青年?チームでしたが皆、キラキラしてましたよ。
事務員さんも含め和気藹々としているのをみてああ、会社っていいな、チームっていいなと羨ましく思いました。

私も昔に勤めていた会社の仲の良かった同僚に会いたくなりました。
そう、大好きだったtさんが結婚して夏には子供が産まれると聞いたとこ。
しばらく会っていないと中々億劫になって疎遠になりがちだけどひさびさに'tさん'や'mちゃこさん'と会いたくなってきました。あのころのように彼女達とたわいもないことで笑い合いたいと思いました。
Img_a67de2a24a5dcb1e03f9422d9f1eb5f6
うさこちゃんと一緒
Img_94d27e44d3cfb636cbc1db321ba618cc
実家の母からの祝い餅
Img_f5fec7fbae87648b8c3179375c2285a0
besoin謹製 一升パン
娘の誕生日会をしました。
娘の誕生日当日は主人の家族と一緒に旅行に行き沢山の思い出を作りました。はじめての飛行機も無事に乗れて一安心。

帰ってきて改めて誕生日会、と思ったら私がインフルエンザにかかり、治ったら娘がかかり、
結局三週間遅れの誕生日会となりました。

娘の好きな
うさこちゃんのたんじょうび という絵本に出てくる椅子をお花で飾るシーンを再現したくて葉楽のあやみさんにおねがいしました。
お花はおまかせで頼みましたが溢れるほどのマトリカリアでとっても可愛かった。
そして娘のお祝い膳と1歳児でも食べられるケーキ。母、張り切ってがんばりましたよ。
切り分けて食べさせようと思ったらブスブスと指を突っ込んで手でクリームを掴んで豪快に食べていました。

広島besoinのやっさんに一升餅ならぬ一升パンを焼いてもらいそれを背負いました。号泣で一歩も歩きませんでしたが笑
そしてbesoin謹製のガレットデロワで家族みんなで運試し。

色々と意思がはっきりして怒ったり泣いたり笑ったりする娘。元気に育っています。
Img_0c1cbcfe0a698776790ef54634885859
お祝い膳
Img_e8dfaccb79de53d1750624cfad9aa887
1歳児用バースデーケーキ
Img_2c00fd143bcb1c875f6fde2df19b421b
Img_b13de0533f4aa9b6c7387f816f3a64be
毎年の楽しみ ガレットデロワ
Img_a808483e9aa1ddbad7ec6c5d675cd25f
おめでとう!
先日娘は一歳になりました。
いつも笑顔でいてくれて本当にありがたい。
妻や母やスーチェとしての自分。何足もの草鞋を履き変え切り替えするのは苦手で皆に迷惑ばかりかけてしまう。私なりに良かれと思ってした事がうまくいかなかったり、体調を崩したり、はっきり言って娘を産んだ事で自動的に母になったというだけで私はただ不器用でのんびりやな私のままだった。
それでも健康に笑顔を絶やさない娘を見ているとその笑顔を守りたい一心で慣れない母としての色々な事もやってこられました。予防接種の事とか離乳食のこととか他にも沢山の色々。小さな疑問があっても解決させる間も無く次から次へと決断しなければならなかった。大したことじゃなかったけどいつもこれでいいのか?と思いながら過ごして気づけば娘は一歳になった。娘が健康だったから、よく笑ってくれたから、だから育児を楽しいと思えた。自分の行動には何一つ正解がわからないまま過ぎていったけど、この先もずっとこんな感じなんだろうと思います。
笑顔でいると決めたのでいい意味で適当に過ごしてきましたが、母としてのこの一年はわからないことだらけで本当は不安な事ばかりだった。でも娘は手のかからないタイプだったのでなんとかなりました。ありがとうね。母親二年目はそんな娘に恩返しがしたいので沢山楽しいことを一緒にしたい。一歳おめでとう。
Img_2ea3bcc14a13983ee6b9b1ecdd28ae17
Img_28dd7308ac113921b7bca0e7ca0e41a2
帽子被らないむすめよ、、、
お友達と子供達でクリスマス会をした。
サンタの帽子を作り、(母にほぼ作ってもらった、、)クリスマスソングをかけ、みんなでご飯を食べた。
子供達は赤ちゃんだから帽子を被せて、赤とか白の服を着せるくらいしかクリスマスっぽい事はできない。それでも皆で集まってワイワイするのはとてもたのしかった。
皆、子の成長は早くさみしいと言うけれど私はむしろ早く一緒に遊べるようになって欲しいと思ってしまう。成長する姿を見ているとまた一つ共有できることが増えて嬉しいなと思う。
娘と色々したいことがある。
妹だった私、家族の中で一番小さい自分は、自分だけが子供みたいに感じていた。姉と父のやるオセロに入れてもらいたくて邪魔をしてよく姉に泣かされた。早く大人になりたかった。
その思い出からか小さい子は子供扱いされるのをさほど望んでないのかなと思ってしまう。
娘がどうだかはわからないけど大人とか子供とか関係なく一緒に遊べたり美味しいもの食べたりしたいなっておもう。だから娘の成長は凄く嬉しい。
最近は私が毎晩プハーって飲むノンアルコールビールの飲み方を真似して得意げな顔をする娘。
ベビーマグでチューチューお茶を飲んだ後、プハー!なんて言っている。その度2人で顔を見合わせおんなじ顔で笑ってる。0歳と36歳が同じ事で笑える喜びよ。いつか一緒にビールでも飲んで本当にプハーってやろう。