昨日の夜あまり眠れなくて日中物凄い睡魔に襲われる。久しぶりの保育園のお迎え前にちょっとだけ仮眠、、と思い横になる。寝過ごしたらどうしようとヒヤヒヤしながら寝たので嫌な夢を見た。娘が犬に噛まれて泣いた夢。慌てて犬から引き離しどこも怪我していなかったけどよく見ていなくてごめんねっと泣けてきた(夢)
血圧が一気に上がってガバッと起きて急いでお迎えに向かいました。低血圧の私にはこんなささっと起きられる事はあまりないのである意味凄い目覚めは良いのですが、気分がとても悪かった。
そういえば遅刻して焦って起きる夢を見なくなったのは娘が産まれてからな気がする。
それまで何百回も見た。
現実に朝がとても弱くよく遅刻して単位ギリギリだったので、多分そのトラウマなんだろうけど卒業後20年近く目覚ましがわりに悪夢として見せ続けられるなんて悲惨だ。
自律神経が狂いやすく夜型であまりよく眠れなかった思春期。何をするにもだらだらしていて生活を楽しむ余裕なんてなかった。
空の青さや花の美しさよりも刺激的な事がたくさんあったから目に入らなかっただけかもしれないが。
それとは真逆の健やかなる少年だった主人。
自律神経の整い方が尋常じゃなくどんなに辛い事があっても時間になったら眠れちゃう、ストレスで不眠なんて無縁の人。そして朝は超早起き。
私は主人を陰で自律神経の鬼と呼んでいる。(たまに小姑とも呼ぶ)
そんな主人と生活を共にしはじめてついに私の狂いやすい自律神経が整いはじめました。
それだけで見える世界が違うし、善人になった気分。過去に戻れるなら全力で自律神経を整えなさいと若い自分に言いたい。
娘よ、生活習慣と足の長さは是非父親に似てね。そして20年も遅刻する夢を見続けるような怠け者にならないようにね。