少し前の事だけれどnigiriちゃんからnowakiさんでの展示のお知らせが来た。
何年か前、今はなきSARANAさんでnigiriちゃんと出会い個展を観て、それ以来注文をくれたり年賀状のやりとりをしたりしている。
あった回数は凄く少ないけれど不器用で純粋で優しい彼女の人柄と作品が好きで頭の片隅にいつもある。彼女が作った小さな人形?をお守りにしている。

たくさんの方と関わっていると嘘や偽善で疲弊する事が多々ある。
そんな時に媚びや嘘のない彼女の夜中のつぶやきにいくらか救われたことがあった。
作品も同じようにとにかく純粋で不器用な感じが、やはり私を癒してくれた。
大好きな人とは滅多に会わない不思議な人間関係を好む私、あまり理解されず時間がたってしまうと心も離れてしまったようにとらえられて誤解を産んでしまうことがある。
でもそんな不思議な距離感が大丈夫な友達が数人いる。ある日突然なんの前触れもなく遊ぼ!ってなったり、そして会わない時間のあれこれ詮索はせず昨日まで一緒にいたかのように笑い合うことが出来きたりする。私の中でそんな風に感覚が合う人達が少ないけれど数人いる。
nigiriちゃんはその感覚が通用しそうな珍しい人種だと勝手に決めている。
会話するのが苦手な私はnigiriちゃんもそうに違いないって勝手に決めている。
相手のことを何も知らなくても感覚で好きになる、今後も詳しく知らなくていいし、沢山会えなくてもいい。とにかくなんだか彼女の事が前からずっと好き。