Img_e4f5d9ade5412c089e591e4a3f975f62
お弁当復帰しましたー
Img_6a248ccd721188fd9f7cd0c3dd606721
ある日の晩御飯
Img_c9d73d5a09e4532c00c1ebcfbaa6c962
残ったカレーでカレーうどん

主人も私もカレーが大好き。
なのでいろんなレシピで今まで作って来ました。
私の中で最近やっと我が家のカレーが定まりました。水野仁輔さんの水野式カレーをもとに我が家の好みに寄せたもの。
油でぷっくりしたホールスパイスを玉ねぎと合わせ飴色になるまで丁寧に炒め、トマトを合わせ水分をしっかり飛ばす。ここでの仕上がりで味が決まったようなもの。とても大切な工程。
そしてホールスパイスとパウダースパイスを使い分けます。ブイヨンで煮こむ際にホールスパイスはティーパックに取り分けてから、いっしょに煮込むのが私のポイント。そのまま荒々しくホールスパイスを噛みしめて食べるのはあまり好みではないのでこのひと手間が大切。そしてお肉は新鮮な豚肩ロース。圧力鍋で下茹でをして油と灰汁を丁寧に取り、程よいホロホロ感に。煮汁は漉して使います。
週に一度はこのカレーを作っていてやっと我が家の味になりました。ルーがなくてもこんな美味しくできるなんて嬉しくなっちゃう。我が家式カレーの完成です。娘にとっておふくろの味になるといいなぁ。
でもみんな大好き給食のカレーや、いざという時のレトルトカレーなんかも偏見なく食べて欲しい。
世の中には同じ名前でも作りかたや材料や表現が全然違う物べ物が沢山あります。
私が作るクッキーにしてもそうですが、それぞれにそうである理由や流通するために理由があったりする、というのは菓子製造をして行く中でより深く理解して行きました。
私も作りたいものや皆に食べて欲しい物があっても、作ったまんまの美しさや風味がそのままお客様に届かない物は商品として成立せず断念しています。でも家庭の食卓では作りたてを、作りたい物を出せる喜びがあります。毎日がシェフの気まぐれ料理でいいだなんて、なんて自由で楽しいんだ!だから私は家庭料理が大好きなんだ。

今まで沢山の物を食べてきました。美味しくなかった食べ物の話を人に話すのはあまり好きでは無いです。何故か人の悪口を言っているような気持ちになってしまう。口に合わなくても添加物まみれでもそれを作った人がいる以上無下に出来ない。それはきっと私も食品製造者の端くれだから。
その上で私が食卓で大切にしている事は沢山あります。家族にそれを押し付けるつもりもないけれど。
もうすぐ娘の離乳食が始まる。娘はどんな味を好きになり食べ物にどんな風に興味を示すのだろう。娘には食卓に自由や幸せや感動を沢山感じて欲しいです。
Img_e0a832b9c5c473b1c5c44dc760ae264d
ジェノベーゼを作ってカプレーゼに
Img_7b6913ebe7a32c04ce6fcfc6474d92fd
すももはコンポートやジャムにして朝の食卓に
Img_2392a3df37afbf06352bc958dd413b78
我が家式カレー