先日娘と親子ヨガなるものに参加しました。
地域のコミュニティ関係はてんで苦手なのですがなんとなく行ってみようと思い立ち参加しました。
娘の他に4名の小さい子達がいて見つめあったり笑いかけたり。娘は滅多な事で泣かないのですが他の子が泣いていたら嘘泣き?のような事をしていました。涙はでてないんだけどなんとなく泣き声みたいなものを出していて笑えちゃいました。こんなことするんだね。
他にも初めて見る娘の表情が沢山あってとても面白かった。1時間と短い時間なのもちょうど良かったです。他のお母さん達も皆良い方ばかりでした。たまにはこうゆうのもいいですね。

今日はツバメ舎のさえさんが娘のお祝いを持って遊びに来てくれました。庭で咲いていたという小手毬の花束を持って。
さえさんが二人のお子さんを色々な想いで育てた話を初めて聞きました。私はどんな母親になりたいとかは特にはないのだけれど娘に寄り添ってあげたいし、自分の都合や感情であれこれ振り回したりしないようにしたいと思っています。それは娘という個を尊重することが大事なのだけどできるかはわかりません。できたら良いなと目標として持っています。
ずっと娘さん達の気持ちに寄り添って1番の味方でいたさえさん。子育てがひと段落して色々な事があっという間だったと言っていました。さえさんのように寄り添い味方でいてあげられたらきっと幸せ。良い話が聞けてよかった。色々参考にさせてもらいたいな。
今まで仲良くしてくれていた人達とも娘が産まれてからまた違う目線でかかわるようになっています。今まで私の知らなかった想いを抱えて子育てをしていた話を聞くと微笑ましい事や感動する事ばかり。私は周りにいる先輩お母さん達に沢山のことを教えてもらっています。みんなそれぞれすごくいいお母さん。私も少しはみんなみたいにできたらいいな。