Img_20cfe55f8d0c3d665dc1f51500c5558f
今日のBGMはエディットピアフ。。。
なんの影響か十代の頃からシャンソンが好き。
こっぱずかしく愛を唱えるし、寸劇か?と思うような曲中の展開もあってなんだか人前で堂々と聞けないのですがなんだか若い頃から好き。
紅の豚に出てくるあの人、憧れのあの人もシャンソン歌手だったな。。
あんな大人の女性になりたいと思っていたのに。。。

意外とロマンチストな私は歌の中に生きる物語が好きなのです。

私も物語のあるもの作りをいつも心がけています。
別に愛を唱えている訳ではなくて

箱を開けた時に始まる物語、箱に甘味を詰め皆様の顔を想像する私なりの物語。
登場するケイクやサブレたちにはそんな物語があるといいなと思っています。

去年からやりたかった週末ケイク便もそんな甘味の一つ。
洋菓子店で働く前からもう何年も虜になっているウィ−クエンドシトロンというケイク
最初はそのドラマチックなネーミングに惹かれました。
レモンケーキにアプリコットジャム、きれいに整列したピスタチオ
ウィークエンドとはこのウィークエンドシトロンの事をいうのだと思い込んでいたのですが
私の勤めていた洋菓子店では抹茶のケイクに鹿の子豆が入ったケイクの事をウィークエンドとよんでいました。シェフによるとヨーロッパでは週末にはみなでテーブルを囲み、楽しくわいわいと過ごす、お母さんが焼いたケイクを皆で切り分け楽しい週末を幸せに過ごす。
そこに登場していたベイクドケイクがウィークエンドの由来だとか。
シェフに聞いただけで詳しい事はわからないのですがとても素敵な物語がウィークエンドにはあるんだなといたく感動したのでした。

みなさまに素敵な週末を、ウィークエンドを囲み大好きな人たちと楽しく過ごす事ができたらと思い半年色々と試行錯誤してきました。
来月、できたらいいなと思っています。
小さなウィークエンド少しずつ皆でわけてあって下さいね。
詳しくはまた。。。